農産加工

2017年10月5日発売 定価926円(税込)


No.31 2017年秋号
特集 農産加工 上手に稼ぐ、続けていく

『季刊地域』のバックナンバーは、農文協のweb書店「田舎の本屋さん」(http://shop.ruralnet.or.jp)でご購入いただけます。

目次 農産加工  上手に稼ぐ、続けていく

記事はこちら

耕す書店31
道の駅ならぬ本の駅!? ここは「本と野菜の直売所」

 「本屋で野菜を売るなんて、よく考えたね」。オープン直後のお客さんの反応に、田中良朋店長は「これはいける!」と手応えを感じた。
 2015年3月、店舗の改装を機に、店の空きスペースに農産物直売所「ほんのえき田中屋」を開店。本の売り上げが低迷するなか、本屋と直売所を合体したら人が集まって面白いと考えた。この辺りは市場に出荷するほど生産量はないが、自家用では余るという農家が多く、直売所出荷に向いていた。
 だが、開店までは1年がかりで予想以上に大変だった。そもそも直売所を運営するノウハウがないので、市役所で農業委員を紹介してもらって出荷者を募集、最初は30人でスタートしたが、出荷が少なければ、田中さんが自ら農家を回って集荷もした……

記事はこちら

ゆるくらジャーナル(2017年秋号)

このコーナーは、「ゆるがぬ暮らし」「ゆるがぬ地域」づくりに取り組む、全国各地の耳寄りな情報です。webではその中のむら・まち元気便から“ちょっとだけ”公開します。…

記事はこちら

コメントは受け付けていません。