特集 

2018年10月5日発売 定価926円(税込)

No.35 2018年秋号

特集
転作・遊休地・山で小さく稼ぐ
農の手仕事

今号の撮っておき!

ミニミニ米袋

title35-11


立ち読みファイルダウンロード

特集 農の手仕事

画像のクリックで拡大表示

ワラ

転作田で青刈りイネ そしてワラ細工で稼ぐ部会
新潟県・JA魚沼みなみワラ工芸部会


立ち読みファイルダウンロード

特集 農の手仕事

画像のクリックで拡大表示

集落営農法人が年間雇用のためにしめ縄づくり
文=永奥 啓(広島県庄原市・農事組合法人ファーム永田代表理事)

巨大しめ縄から手づくり体験まで
文=那須久司(島根県飯南町・飯南町注連縄企業組合専務)

しめ飾り探訪 長野県上田市・別所温泉編
文=森 須磨子(しめ飾り研究家・グラフィックデザイナー)

見渡せば、ここでもあそこでも材料が育つ

アイ

母ちゃんたちがハマった タネ播きから始める藍染め
栃木県高根沢町・桑窪藍花会

超簡単!誰でもできる 「生葉染め」のやり方

藍染めのしくみ

若いママたちの北の染色工房
まぼろしの染料植物パステルを栽培
文=藤村さやか(宮城県気仙沼市・インディゴ気仙沼代表)


立ち読みファイルダウンロード

特集 農の手仕事

画像のクリックで拡大表示

ワタ

各地のワタ栽培マップ

「衣の農業」再興を!
文=山本友子(長野県高山村)

靴下の製造小売会社、栽培に乗り出す
無農薬栽培8haの実践的害虫対策
文=島田淳志(タビオ奈良株式会社)

ホウキモロコシ

100年続いてきた
タネから育てるホウキづくりを引き継ぐ
文=布施大樹(種継人の会代表)

20aの遊休農地で50年ぶりに「ホウキグサ」が復活
文=髙木勇貴(JAとぴあ浜松営農指導課)

カヤ

地域通貨でカヤを調達
地元の茅葺き屋根材は子供たち発「茅プロジェクト」で
文=河野弥生(NPO法人西中国山地自然史研究会)

カヤ刈りを引き継ぐ企業組合、カヤ加工品の開発も
文=長田勇二(富士山御殿場かやの里企業組合)

コリヤナギ

減反田利用のカゴづくり
文=大泉布美子(宮崎杞柳細工工房)

スゲ

国産シェア9割の菅笠づくり
富山県高岡市福岡地域

門松づくりで年末の小遣い稼ぎ
宮城県南三陸町・阿部勝善さん

柿渋

みんなでつくる、使う 柿渋の町より
宮城県丸森町

ウルシ

古い漆産地に新しい動きあり!
採って使って、みんなで小さく稼ぐ
茨城県・奥久慈漆生産組合

農の手仕事 農文協発行の関連本の紹介

特集に出てきた作物の種苗で入手可能なもの問い合わせ先

みんなで買った(19)

シバ
熊本県山鹿市 文=矢上英雄(大宮町町内会長)

もの申す

諫早湾干拓訴訟
農漁業共存を目指すたたかいが始まった
文=馬奈木昭雄(弁護士・久留米第一法律事務所)


立ち読みファイルダウンロード

特集 農の手仕事

画像のクリックで拡大表示

「森林経営管理法」を危惧する
文=泉 英二(国民森林会議提言委員長・愛媛大学名誉教授)

頼りにし、楽しみにしていた山が……
宮崎県森林盗伐被害者の声

町村長インタビュー(22)

緑のふるさと協力隊受け入れ25年
「関係人口」づくりさきがけの町
日之影町長 佐藤 貢さん

農

山あいの集落にヤマブドウジュースが広まる

役場・農協の仕事人より(22)

山麓の集落が結集 ゴマ・クワの特産化で農地を守る
文=池原博文(葛城市産業観光部長)

ハチミツの森から(5)

アシナガバチの引っ越し作戦
文=安藤竜二(山形県朝日町)

集落

中山間直接支払・多面的機能支払
世代交代と体制づくりの現場から

 23戸のむらで協定を継続 集落営農法人が後継者も育てる
 新潟県十日町市・四ヶ村集落協定


立ち読みファイルダウンロード

特集 農の手仕事

画像のクリックで拡大表示

 早わかり 中山間地域等直接支払制度

 各地の組織から 世代交代・体制づくりの工夫

健康・ケア

農福連携で地域が変わる(5)

農福連携を軸に新たなコミュニティの形成
吉田行郷(農林水産政策研究所企画広報室長)

病を地域医療から診ると(5)

認知症 死ぬのも忘れる人生を
福井県おおい町 国保 名田庄診療所所長 中村伸一

山・里山

地撮り!(5)

広葉樹の山づくり100年計画
三重県熊野市五郷町・辻本力太郎さん


立ち読みファイルダウンロード

特集 地域力がものを言う 獣害対策

画像のクリックで拡大表示

辻本さんの広葉樹の山づくりにかける想い

山林所有者、地元企業と協力してすすめる
台風・土砂崩れに負けない山づくり
文=中川雅也(和歌山県田辺市・㈱中川)

集落

獣害対策に手ごたえ
集落点検と「100歳まで楽しめる農業」
文=弘重 穣(神奈川県大磯町産業観光課)

日頃のメンテがものを言う
住民と市が一体となって電気柵管理
長野県須坂市

雪深い新潟の山村が、
なぜ「奇跡の集落」と呼ばれるようになったか

ゆるくらジャーナル

ゆるくらジャーナル

耕す書店

栃木県那須町・那須ブックセンター

『ごみ収集という仕事 清掃車に乗って考えた地方自治
(藤井誠一郎著 コモンズ)

『〈食といのち〉をひらく女性たち
(佐藤一子・千葉悦子・宮城道子 編著 農文協)

映画

『Workers 被災地に起つ』

読者の声

プレゼント

コメントは受け付けていません。