JR遠賀川駅を出てすぐのところに今橋書店の旧店舗がある。創業は昭和14(1939)年、駅前商店街の顔として愛されてきた。しかし、1985年に室木線が廃線になったことや、90年代には郊外に大型商業施設ができたことで、店売はピーク時の10分の1に減少。10年ほど前から小中高の教科書や教材を扱う外商に力を入れ、2014年には駅前の店舗を閉じて移転した。
 だが「空き店舗のままでは駅前がさみしくなる。地域のために役立てられないか」と考えた今橋和基社長は、DIYで旧店舗をリフォーム。2階を貸しスタジオにした。1時間単位で借りられるので、放課後の空いた時間を使った子供たちのダンススクールや子育てママさんのヨガ教室が人気だ。

あつマルシェ!のブースで手づくりのアクセサリーを販売

 また、1階の70坪ほどの敷地は、1区画(2m×1.5m)2000円で貸し出し、年4回「あつマルシェ!」などを開催。ハンドメイド雑貨やワークショップのブースに多くの人が集まり、それぞれ自慢の商品をアピールする場になっている。同時に今橋さんは、外商でお世話になっている美術の先生の粘土教室や技術の先生のパソコン・プログラミングスクール、元校長による家庭教育講座も開く。
 出店希望者やお客さんが増えてきたことから、16年には駅前商店街を回遊する「おんが駅前にあつまるシェ!」に発展。年2、3回のペースで、これまでに8回開催した。開催日は旧今橋書店内のほかに、沿道にも雑貨や飲食などのブースが並び、駅前商店街が若者でにぎわう。
「町が元気にならないと、書店の仕事にもつながりません。人が集まる場をつくることで地元での外商の機会を増やしたい」。今橋さんは、新しいことにチャレンジしながら書店を続けていく。

JR遠賀川駅前の旧店舗。現在は、貸しスタジオや「おんが駅前にあつマルシェ!」の会場など人が集まる場になっている

今橋書店
〒811-4307
福岡県遠賀郡遠賀町遠賀川1丁目6-19
☎093-293-0038
http://imahashi-syoten.com/
営業時間9:00〜19:00(日曜祝日 定休日)

文=農文協九州沖縄支部 佐藤 圭

コメントは受け付けていません。