2010年9月30日発売 定価926円(税込)

〈むら〉に〈まち〉に増え続ける「空き家」。放置していては「もったいない」が、貸したり、売ったりして地域の和を乱す人が来ても困るし、地域との絆が切れてしまうのもさびしい……。だが「地域で引き継ぐ」という発想の生かし方があれば、空き家が宝へと変わっていく。

No.3 2010年秋号 空き家を宝に 目次

特集1 空き家を宝に


[画像のクリックで拡大表示]

  • 家はむらの一部 住む人はむらの一員
    熊本県芦北町古石地区
  • 月1度の「地域の茶の間」から毎日の「うちの実家」へ
    新潟市東区粟山「うちの実家」

    [画像のクリックで拡大表示]
  • ひとり暮らしのばあちゃんちを地域の子育て支援拠点に
    熊本県植木町「ばあちゃんち」
  • 島に貢献する人を選んでこそ空き家活用
    守屋基範(かさおか島づくり海社)岡山県笠岡市
  • 旧教職員住宅を活用 春までひとつ屋根の下
    小峠賢次(高山市社会福祉協議会)岐阜県高山市高山町「のくとい館」
  • 山の家 家主の道具・思いも宝に
    千葉しのぶ(霧島食育研究会)鹿児島県霧島市「のぼる農園」
  • 廃校の危機を乗り越えろ!子育て世代への空き家レンタル大作戦
    北海道旭川市「米原・瑞穂地区地域振興協議会」
  • むらの力で空き家を宝に

特集2 戸別所得補償どう生かす?


[画像のクリックで拡大表示]

  • いまさら聞けない戸別所得補償Q&A
  • [飼料イネ] 牛の飼料と堆肥を地域内で循環
    滋賀県甲賀市 木村農芸、成田牧場、うしのごちそう生産組合
  • [パン] 米粉用米の出荷からパン工房の建設へ
    広島県東広島市 農事組合法人ファーム・おだ
  • 米粉パンよりしっとり、腹もちもいい人気の「ごはんパン」
    岩手県一戸町 一野辺製パン(株)

    [画像のクリックで拡大表示]
  • 「雑穀かあちゃんず」始動 集落みんなで農業にかかわる
    山形県小国町 田沢頭集落

【インタビュー・トピック】

  • 「選挙農政」を超え、むらの立場で「所得補償」を生かす
    明治大学農学部教授 小田切徳美さん
  • どうつくる「地域の力」
    第1回地域力フォーラム・哲学者 内山節さん
  • 「米粒」から家庭で手軽にパンが焼けるホームベーカリー ほか

【連載など】地デジ宣言 ダッパンぜよ!地デザイナー 迫田司/ハマル 山・川・海の「遊び仕事」ヘボ追い かくまつとむ/わがまち・むらのゼロ予算事業 大分県姫島村「事務職員も現場で汗」/むらのヨメさん不心得帳 ”時の流れ”に逆らう「博物館」吉井惠璃子 ほか

コメントは受け付けていません。