ホーム > 19巻 海業の時代 > 19巻 海業の時代

19巻 海業の時代

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 19巻 海業の時代 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 19巻 海業の時代 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加

漁村活性化に向けた地域の挑戦

シリーズ地域の再生19 海業の時代

いま漁村地域では、漁業の6次産業化を超える新しい「なりわい」による地域活性化の動きが生まれている。3・11で甚大な被害を蒙りながら体験型観光をいち早く復活させた岩手県田野畑村をはじめ全国9つの地域・漁協の実践を、「域内利益循環システム」「地域資源管理」「中間支援組織」「コミュニティビジネス」「地域市場の創出」という5つの視点から分析。漁業・水産業にも相乗効果をもたらす<地域資源の価値創造>(=海業)による漁村地域活性化の仕組み方を提言する。

著者 婁小波 定価 2,730円(税込)
ISBNコード 9784540092329 発行日 2013/01
判型/頁数 四六 360ページ

著者紹介

婁小波(ろう・しょうは)
中国生まれ。京都大学大学院農学研究科博士後期課程修了。農学博士。現在、東京海洋大学海洋科学部海洋政策文化学科教授。水産経済学、地域経済論。著書『水産物産地流通の経済学』(学陽書房)『自然資本の保全と評価』(共著、ミネルヴァ書房)『水産物ブランド化戦略の理論と実践』(共著、北斗書房)ほか多数。

目次

第1章 漁業・漁村の現代的諸相

1.漁業の地位低下
2.漁業の危機
3.漁村の危機
4.漁村コミュニティの重要性
5.漁業・漁村危機の克服に向けて

第2章 漁業から海業へ

1.漁村地域の新しい「なりわい」
2.漁家経営の多様化
3.海業とは
4.漁村地域資源の存在形態と利用動向
5.海行の諸形態と事例の位置づけ

第3章 海業の生成と発展
~福井県常神半島の漁家民宿経営の事例~

1.僻地漁村の「奇跡」
2.純漁村地域としての常神半島
3.高い地域経済のパフォーマンス
4.常神半島における海業の生成と展開
5.漁家民宿の意義と地域資源の価値創造
6.海業の展開プロセスと成立条件

第4章 遊漁船業の展開と漁協の新たな役割
~神奈川県平塚市漁協の事例~

1.遊漁船業と漁業の利用競合
2.平塚市の漁業と漁協
3.地域経済を支えるもの-漁業から海業へ
4.地域資源の多面的利用と漁協の新たな役割
5.地域資源管理システムとしての海業

第5章 地域資源の価値創造と中間支援組織
~岩手県田野畑村「体験村・たのはた」の事例~

1.中間支援組織の役割
2.田野畑村の地域経済と地域問題
3.「体験村・たのはた」の挑戦
4.中間支援組織としての機能と成立条件
5.災害からの復興-「体験村・たのはた」の復興力
6.NPO組織の意義と課題

第6章 漁業・観光業の連携と域内利益循環システムの形成
~愛知県南知多町日間賀島の事例~

1.地域振興のキーワード「連携」
2.ドラスティックな地域経済の変化
3.漁業と観光業の連携-域内利益循環システムの形成
4.域内利益循環システムの成立要因
5.島のハンデを力に

第7章 地域資源の管理と海業の成立
~沖縄県恩納村漁協の取り組みを事例として~

1.海洋レジャーと漁業の連携はいかにして可能か
2.漁村からリゾート地へ
3.開発と環境の相克-漁業と観光業の衝突
4.漁業と海洋レジャーの共存共栄関係-新たなローカルルールの形成
5.地域資源管理のための漁協の役割

第8章 海洋レジャーニーズ対応の漁村コミュニティビジネス
~静岡県いとう漁協および徳島県中林漁協の事例~

1.海洋レジャーはコミュニティビジネスになりうるか
2.いとう漁協における漁協主導型ダイビングサービス事業の展開
3.徳島県中林漁協における観光地曳網事業の展開
4.海洋レジャー対応型コミュニティビジネスの成立条件
5.漁村コミュニティビジネスの担い手としての漁協

第9章 魚食ニーズ対応の漁村コミュニティビジネス
~保田漁協食事処「ばんや」および江口漁協「蓬莱館」の事例~

1.もっとも貴重な地域資源=魚食を生かして
2.千葉県鋸南町保田漁協の食事処「ばんや」とマーケティング戦略
3.鹿児島県江口漁協の複合施設「蓬莱館」の展開と意義
4.地域市場の創出

第10章 地域資源価値創造の仕組みと海業の現代的意義

1.海業を事業の仕組みからみる
2.地域資源価値創造の仕組み-事例分析の経験
3.域内利益循環システムをめぐって
4.地域資源の管理をめぐって
5.中間支援組織をめぐって
6.コミュニティビジネスをめぐって
7.地域市場の創出をめぐって

第11章 海業の現代的意義と漁村の再生

1.海業の現代的意義
2.業態転換としての海業
3.漁村地域経済活性化策としての海業
4.海業の理念と課題
5.漁村の再生-東日本大震災の復興に寄せて
6.海業への取り組みに向けて

ホーム > 19巻 海業の時代 > 19巻 海業の時代

地域の再生は田舎の本屋でご注文いただけます
関連サイト
RSS 農文協からのお知らせ

ページの上部に戻る