異様な「TPP開国論」歴史の連続性を見抜け 内橋克人氏講演会(農業協同組合新聞)

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 異様な「TPP開国論」歴史の連続性を見抜け 内橋克人氏講演会(農業協同組合新聞) この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 異様な「TPP開国論」歴史の連続性を見抜け 内橋克人氏講演会(農業協同組合新聞) Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 Share on Tumblr Googleブックマークに追加

(社)農協協会、新世紀JA研究会、農業協同組合研究会の3団体は経済評論家の内橋克人氏を講師に1月28日、東京・大手町の東京會舘で「人間をこそ主 人公とする協同組合が創る社会を」テーマに新春特別講演会を開き、予定を超える200人余の参加者が集まり盛況だった。内橋氏は2012年国際協同組合に むけた同全国実行委員会代表だが、この日の講演内容はその立場を離れた個人としての意見を述べるものだと断って、TPP(環太平洋連携協定)問題について は歴史的、全世界的な規模で捉えることが必要だと強調した。以下に講演の部分抜粋を紹介する。

カテゴリー: リンク集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。