伊東光晴:TPP参加は誤り 日本の米作・畜産は規模拡大政策では存立し得ない(日々の感想)

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 伊東光晴:TPP参加は誤り 日本の米作・畜産は規模拡大政策では存立し得ない(日々の感想) この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 伊東光晴:TPP参加は誤り 日本の米作・畜産は規模拡大政策では存立し得ない(日々の感想) Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 Share on Tumblr Googleブックマークに追加

伊東光晴:TPP参加は誤り 日本の米作・畜産は規模拡大政策では存立し得ない(日々の感想:2010/12/14)

日本の農業はどうなるのか。国際競争にさらされた時、生き残ることはできるのか。その危惧感は、今も昔も変わらない。

並木正吉さんが『農村は変わる』(岩波新書)を書いたのは1960年であった。専業農家の大幅な減少を、後継者の数を予測し、これほど美事に将来を言いあてたものはない。兼業農家の激増である…

カテゴリー: リンク集   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。