特集 水路・ため池・川 地域の水辺 防災と恵み

2019年7月5日発売 定価926円(税込)

No.38 2019年夏号

特集
水路・ため池・川 地域の水辺 防災と恵み

今号の撮っておき!

『季刊地域』はこんな雑誌

title38-1


立ち読みファイルダウンロード

特集 水路・ため池・川

画像のクリックで拡大表示

田舎を守るのは大変なの!
大深山集落、水路の点検・機能診断に密着
長野県立科町・宇山810会


立ち読みファイルダウンロード

特集 水路・ため池・川

画像のクリックで拡大表示

ため池を守る

池の水ぜんぶ抜く
40年ぶりに池干しが復活 ため池が生き返った
香川県さぬき市・鴨部東活動組織

獣害柵の移動でため池が復活
香川県さぬき市・豊田集落

ため池ジャーナル

【秋田から】危険な場所はドローン撮影 ラクラク点検

【山口から】ICTで水位を遠隔監視 緊急時は自動排水も

【広島から】ワイヤーメッシュでイノシシの掘り返しがゼロに

【香川から】発電やヘラブナ養殖にため池フル活用

水辺を侵す外来種
ミシシッピアカミミガメの防除法と利用法
文=西堀智子(和亀保護の会)

水辺を守る土のうと粗朶

潜入、水防訓練!
土のうを使いこなすプロの技を学ぶ
福岡県糸島市


立ち読みファイルダウンロード

特集 水路・ため池・川

画像のクリックで拡大表示

土のうの技にもう一言

いろいろあるぞ 高機能土のう

黒い袋で5年持つ耐候性土のう「UVブラック土のう」

丈夫で滑りにくい特殊袋「備蓄土のう」

緑化もできる植生土のう「グリーンバッグ」

土を使わない吸水ポリマー土のう「水ピタ」

再利用可能な吸水土のう「アクアブロック」

山の雑木が水辺を守る
粗朶で60歳過ぎからひと稼ぎ
岐阜県岐阜市・佐藤孝さん/本巣市・井納建設㈱

水辺を守る粗朶の使い方

粗朶沈床/連柴柵工・粗朶柵工/暗渠被覆材

江戸時代の農家は治水の技にも長けていた

生きもの豊かな水辺 復活の技

田んぼを生きもの豊かな水辺に

田んぼの「江」や脱ネオニコで、トキと共生する米づくり
新潟県佐渡市

中干しは赤トンボの羽化を待ってから
宮城県栗原市・氏家明俊さん

5年で44カ所、「多面」で「生きもの水路」が続々誕生
文=田代優秋(兵庫県・丹波篠山市農都創造部)

田んぼと排水路の水みちをつなぐ水田魚道
岐阜県立岐阜農林高校

堰堤に簡単に設置 手づくり魚道

集落の川にカワニナが居着くよどみを
ホタル山 復活作戦
新潟県佐渡市・久知河内ホタルの会

コンクリート護岸でもできる
生きものに優しい水路

お魚のゆりかご 木の枝の隙間に生きものが住み着く

ネコヤナギ・エコ工法 コンクリート護岸を壊さずに緑化

生きものでにぎわう水路は、粗朶の活用から

文=柳沢 直(岐阜県立森林文化アカデミー教授)

川の恵みを育んできた 水辺林の役割
文=柳井清治(石川県立大学生物資源環境学部教授)

農業用水でボート下り
三重県多気町勢和地域

水の恵みでエネルギー

地域に恩返し
ごみ取り不要のミニミニ水力発電所をつくった
文=井深貞夫(岐阜県大野町)

3万5000円で自作 精米水車で小水力発電
文=土生 裕(岡山県高梁市)


みんなで買った(22)

青汁搾り機
熊本県玉名市 文=宮永マス子(小岱山薬草の会会長)

もの申す

意図的か?無理解か? 日本政府が無視する
「小農宣言」の意義
文=岡崎衆史(農民運動全国連合会 国際部副部長)


立ち読みファイルダウンロード

特集 水路・ため池・川

画像のクリックで拡大表示

なぜ、いま小農なのか
脱グローバリズム、安全保障最優先の時代に再び
文=玉 真之介(帝京大学経済学部教授)

農業の担い手は家族農業 世界はそう考えている
「国連小農宣言・家族農業の10年」第2回院内集会より

町村長インタビュー(25)

アートと農と食で「住んでよかった」と誇れる町へ
熊本県津奈木町長 山田豊隆さん

宇山810会の水路の記事の続きをもう少し

集落

「小さな拠点」どうつくる?「川西郷の駅」の挑戦(3)

足かけ9年、郷の駅ついに実現!
文=平田克明(広島県三次市・㈱川西郷の駅代表取締役社長)

農家を助け、農村から人を減らさないための
「長峰農援隊」
文=坂谷達也(滋賀県東近江市・蒲生地区まちづくり協議会)

人にとって生物多様性とは何か(2)

生きものの「風景価値」
文=上田哲行(石川県立大学客員教授)

農

地元の果物活用で新ビジネス

庭先の放置キウイ、買い取ります
集落営農のジュース加工が地域を変えた
文=桶田陽子(岩手県遠野市・(農)宮守川上流生産組合)


立ち読みファイルダウンロード

特集 水路・ため池・川

画像のクリックで拡大表示

地元の果物・野菜のシロップでかき氷を移動販売
福岡県・㈱筑前町ファーマーズマーケットみなみの里

多面的機能支払で生ごみ堆肥化
ごみを減らして肥料自給
文=佐飛充浩(池田の郷 水と土を守る会 事務局)

健康・ケア

コミュニティナース(2)

村の医療・福祉機関を縦横無尽にかけめぐる
文=山端 聡(奈良県天川村・一般社団法人てとわ代表理事)

地エネ

83戸の集落で専門農協
小水力発電の収入を元手に立ち上がる
宮崎県日之影町大人集落 文=甲斐睦彦(大人発電農業協同組合参事)

木炭・竹炭が原料
里山で生まれる蓄電器
文=影山邦人(島根県雲南市・里山照らし隊代表)

山・里山

地撮り!(8)

全長200mの巨大そうめん流し
新潟県村上市大毎集落


立ち読みファイルダウンロード

特集 水路・ため池・川

画像のクリックで拡大表示

茅葺き屋根の引力(2)

ヒートアイランドに茅葺きの涼しさを
文=塩澤 実(京都府南丹市・茅葺屋代表)

針広混交林のつくり方(2)

スギ人工林に広葉樹を混ぜてみた 種の多様性が森林を健康にする
文=清和研二(東北大学大学院・農学研究科教授)

土砂災害跡地に広葉樹を植栽
適地適木で災害に強い森林づくり
文=戸上 学(長野県諏訪地域振興局林務課)

ゆるくらジャーナル

ゆるくらジャーナル

耕す書店

宮城県石巻市・おかべ本屋さん

『忘れられた人類学者 エンブリー夫妻が見た<日本の村>
(田中一彦箸/忘羊社)

『食べるとはどういうことか 世界の見方が変わる三つの質問
(藤原辰史/農文協)

映画

『柴井堰と生きる』

読者の声

プレゼント


コメントは受け付けていません。